「ゼルダの伝説」シリーズの青沼英二氏、引退については考えていない様子 | ニンテンドーエブリー
PR
スポンサーリンク
ゼルダ

「ゼルダの伝説」シリーズの青沼英二氏、引退については考えていない様子

「ゼルダの伝説」シリーズのプロデューサーである青沼英二氏が海外メディアとのインタビューに応じ、自身の引退について質問された青沼氏は次のようなコメントを残している。

――青沼さんに質問です。『スカイウォードソード』の発売の際に「ゼルダの伝説」の型に疲れを感じてきたとおっしゃっていたかと思います。後悔のない引退をするために「ゼルダの伝説」にまた戻ってきているとも。『ブレス オブ ザ ワイルド』と『ティアーズ オブ ザ キングダム』の成功を受けて、その目標は達成したと言えるのでしょうか。それとも、まだやり残していることがあるのでしょうか?

青沼:そんなこと、僕言ったかな? よく覚えてないけど(笑)

 ずっと長い間携わっていると、これから先もやり続けるのかなと思ったり、いろいろと迷うこともあります。ですが、藤林氏やスタッフのみんながいつも新しいことをいっぱい提案してくれて、それが今まで越えられなかったと思っていたものを突破してくれています。たとえばさっきのテクノロジーの話もそうですよね。そうやって(スタッフたちが)新しい「ゼルダの伝説」を作り上げていってくれるので、まだこれからも彼らと一緒にやっていけば、また新たな「ゼルダの伝説」が作れるような気がしますね。

 昔、僕がディレクションをやっていたときは、自分で「どんなゲームを作ろう」と悩んだりもしていたんですけど、今はプロデューサーですからそのときとは感覚が違います。スタッフたちも今そんな風に悩みながらやっていると思いますが、そんな彼らと一緒にやりながら、どんどんと壁を突破していくっていうのが今は楽しいですね。

『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』開発者インタビュー:物語上で重要なあの設定やクラシックゼルダへの回帰などについて訊く,IGN Japan,2023年12月13日

コメント

タイトルとURLをコピーしました