海外の主要メディア「日本は任天堂を売却すべき」 社説に批判相次ぐ | ニンテンドーエブリー
【クリック】『ゼルダの伝説 TotK』マスターワークス/サウンドトラックの予約はこちらから
PR
スポンサーリンク
その他

海外の主要メディア「日本は任天堂を売却すべき」 社説に批判相次ぐ

The Financial Timesによれば、同紙は「日本は任天堂を売却するべき」とする社説を掲載。ユーザーからは賛否両論相次ぐ内容だとして批判を集めている。

社説の全文はこちらから閲覧できる。

同紙は、マイクロソフトによるアクティビジョン・ブリザードの10兆円規模となる巨額買収を踏まえ、「1つ目は、日本全体にとって、任天堂の売却が注目されることで、いかに多くの宝飾品が過小評価されているか、また、いかに多くの小さな宝飾品がプライベート・エクイティやその他の企業にバーゲン価格で売却されているかということが、ようやく明らかになるということだ。ディズニーやアップルが参入し、グーグルやソニーがそれに続くことは容易に想像できる。それに比べれば、アクティビジョンの取引評価額は小さく見えるだろう」と言及した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました