Wiiの爆発的な流行でビル・ゲイツ氏が怒り心頭 | ニンテンドーエブリー
PR
スポンサーリンク
Wii

Wiiの爆発的な流行でビル・ゲイツ氏が怒り心頭

2001年に発売したマイクロソフト初の家庭用ゲーム機「Xbox」誕生から20周年を迎えた2021年に、Xbox公式によるドキュメンタリーシリーズが公開され、ゲームにまつわる多くの秘密やエピソードが語られたが、その中でも任天堂がWiiを発表した当時のXboxチームは、世界的な資産家として知られる“ビル・ゲイツ”の怒りを呼び起こしてしまったようだ。

任天堂が当時それまで販売台数を見込むことが出来なかったゲームキューブの次世代機として2006年に発売したゲーム機「Wii」は、当時では画期的なリモコンサイズのコントローラーが特徴。

Nintendo  ニンテンドー 任天堂 Wii 任天堂wii Nintendowii ニンテンドーwii wiiリモコン ヌンチャク wiiu

それまで、ゲーム業界では、さまざまなボタンが付いているコントローラーを巧みに操作するスタイルが定番だったが、Wiiはそのような常識を打ち破り、モーションコントロールで誰でも遊べる直感的な操作を可能にすることで、それまで縮小傾向だったゲーム人口を爆発的に増やす契機となった。

Xboxのゲームスタジオに所属していたShannon Loftis氏は、Wiiについて“世界中を騒がしたゲーム機”だとコメントを残している。

マイクロソフトでは、もちろん、見た目も操作方法も革新的なWiiの登場に注目していない者はおらず、Xboxの現取締役フィルスペンサー氏は、Wiiの流行に注目したビル・ゲイツ氏が、Xboxチームに「モーションコントロール」を搭載したモデルを作るよう圧力をかけていたと語った。

その中で、Xboxチームに所属するインダストリアルデザイナーCarl Ledbetter氏は、他社との競争を勝ち抜き、自社のゲーム部門を発展させていきたいと感じていたものの、Wiiの真似事をするつもりはなかったと話している。

マイクロソフト microsoft xbox Kinect

Wiiの直感的なモーションコントロールから着想を得て作られたものがマイクロソフトの「Kinect」である。Kinectは、プレイヤーの身体の動きであるジェスチャーや音声認識を通じてゲーム機の操作を可能にするデバイスで、その後に発売されたXbox 360やXbox Oneなどで動作できる。

モーションコントロールから着想を得たマイクロソフト独自の「Kinect」シリーズは現在では形は変わるものの、コンセプト自体は受け継がれており、身体の不自由な人でも遊べるデバイスが提供されている。

任天堂の競合他社であったプレイステーションの前取締役も、Wiiを発明した任天堂について「ゲーム人口を大きく増やし、ゲームを主流のエンターテインメントに変貌させた」と任天堂が成し遂げた功績を直々に認めている。

Nintendo  ニンテンドー 任天堂 NintendoSwitch ニンテンドースイッチ スイッチ Switch 任天堂スイッチ 任天堂switch joycon ジョイコン

もちろん、Wiiがもたらした恩恵はその後の任天堂にも受け継がれており、2017年に発売したNintendo Switchは、1対のコントローラーを通じて「いつでも、どこでも、誰とでも遊べるゲーム機」として2016年までスマートフォンゲームが主流だったゲーム市場を一転させるまさに“ゲームチェンジャー”となった。

【任天堂純正品】Joy-Con(L) パステルパープル/(R) パステルグリーン
任天堂
¥8,200(2024/07/14 14:32時点)
「Joy-Con(L)パステルパープル」と「Joy-Con(R)パステルグリーン」に「Joy-Conストラップ(ブラック)」が2個付いたセットです。
【任天堂純正品】Joy-Con(L) パステルピンク/(R) パステルイエロー
任天堂
¥8,200(2024/07/14 14:32時点)
「Joy-Con(L)パステルピンク」と「Joy-Con(R)パステルイエロー」に「Joy-Conストラップ(ブラック)」が2個付いたセットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました