『マリオ オデッセイ』をプレイするとうつ症状が50%近く軽減されることが研究で明らかに | ニンテンドーエブリー
PR
スポンサーリンク
マリオ

『マリオ オデッセイ』をプレイするとうつ症状が50%近く軽減されることが研究で明らかに

ドイツで行われた研究によれば、『スーパーマリオ オデッセイ』をプレイすることが、認知トレーニングプログラム“CogPack”を適用する者や通常治療を受ける者よりもうつ症状の軽減において有意な改善をもたらしたことが明らかになった。

また、この研究ではうつ症状のある人々において、3Dゲームをプレイするグループがより高いトレーニングのモチベーションを示したことも報告されている。

スーパーマリオ オデッセイ - Switch
任天堂
¥5,264(2024/02/21 04:10時点)
マリオ、世界の旅へ。Nintendo Switch向けソフトに新作3Dマリオが登場します。

研究者は、人間の心理プロセスには「認知」と「情動」という2つの重要な側面があることを指摘し、うつ症状に焦点を当てる研究が通常、「情動」の症状に焦点を当てる一方で、「認知」の症状には注意が払われていないことに言及。研究では、『スーパーマリオ オデッセイ』をプレイすることが、うつ症状や認知機能の向上に寄与する可能性があることが示唆された。

研究は46人のうつ症状を抱える患者を対象にし、3つのグループにランダムに分け、それぞれが『スーパーマリオ オデッセイ』をプレイするグループ、「CogPack」プログラムを適用するグループ、および通常の治療を受けるグループに分けられた。結果は、ビデオゲームをプレイしたグループがうつ症状の減少やトレーニングモチベーションの向上で優れ、ビデオゲームがうつ症状の治療において有望な介入方法である可能性が示唆された。

ただし、この研究では、被験者は割り当てられたグループを知っており、研究の目的を推測できた可能性があり、結果に偏りが生じている可能性がある。また、サンプルが少ないため、結果を一般化するには制限があることも留意しておきたい。

(The text was wrriten by ChatGPT with slight changes)

コメント

タイトルとURLをコピーしました